仕事がしたくないと思っても楽しく働ける方法と理由

仕事が嫌だ・出来れば辞めてしまいたいと思うことはあるでしょう。それでも働かなければ生活が出来ないという理由で頑張り続けるという人が大半だと思います。そのような「出来れば辞めてしまいたいと思う会社」であっても楽しく働く方法があるとしたらどうしますか?おそらく「そんな方法があるならやってるよ」と思うでしょう。しかし、少し視点を変えるだけで会社や働くことに対するイメージが変わるとしたら、イメージが変わったからこそ嫌な仕事でも続けられるとしたらどうしますか?

 

仕事が楽しいと感じる理由の多くがやりがいであったり収入であったりというものだと思います。そして楽しいと感じない理由もまた同じようにやりがいを感じないことであったり収入と労力が見合っていないといったことではないでしょうか。そして、それ以外の理由があるとすればおそらく社内での人間関係でしょう。

 

実は仕事の内容に対してあまり良い印象がないとしても、それがゆえに働く意欲がわかないということがあったとしても、社内の人間関係が円満であればモチベーションは保てるといいます。これは私も一理あると思っている部分でもあります。

 

たくさんの方の仕事の悩みを聞いていて思うことは「やりがいがもてない」「楽しいと思えない」「収入や待遇に不満がある」という理由を挙げて退職を考えているという方の転職率を考みたときに「社内での人間関係が良好である」とした方のほうが実際に転職をする人の比率が低く、逆に「人間関係に問題がある」とした方のほうがより転職率が高く、なおかつ、早期に転職するといったことが見られたのです。

 

そう考えると嫌な仕事であっても乗り気になれない職務内容であっても、ある程度の人間関係が確保できていれば長く勤められるという可能性が高くなるのです。そう考えると仕事が嫌だからといって一概に自分に合わない仕事とくくってしまうことは考えないといけないと思います。今の職場での人間関係を自分にとってよりよい関係性にすることが出来れば少々仕事に何があったとしても続けることが出来る可能性が高くなるからです。そして、どうしても仕事を変えたいと思ったときに考えてほしいことが「転職をすれば人間関係も大きく変わる」ということです。転職した後になって前の職場のほうが良かったと思っても遅いのですから。

 

 

お申し込み、お問い合わせは24時間受付けています。

ご予約・お問い合わせフォーム