嫌われたくない!・・・他人の評価

日本人はとかく他人の評価を気にする傾向にあるようです。

 

評価というよりは「嫌われたくない」という気持ちでしょうか・・・自分の自分自身に対する評価(どうみられているか)を気にしすぎているように感じます。

 

ではなぜ自分自身に下した評価を信じることができないのでしょうか?頑張っている自分、気配りのできる自分、優しい自分。それが自分自身であり、自分の長所なのに自分で認められず、周りが認めてくれた時にやっと納得する。それは「自分へのこだわりがない」とも言える気がします。他人からの評価も自分の欠点を克服するためには大切なものですが、それが全てではないはずです。

 

周りに振り回されて、自分の意見を飲み込み、他人の都合のいいような存在にならないためにも、自分の長所をみつけ認めて「自分をもつ」ことで周りの心ない評価に打ちのめされないよう強くありたいものです。

 

 

 

メルマガもはじめました。

登録はこちらから、もちろん無料です。

わかばのメールマガジン

お申し込み、お問い合わせは24時間受付けています。

ご予約・お問い合わせフォーム