心の健康を保つ方法

人との距離が遠く感じることが多くなった時世になって数年が経ちました。会いたい人がいるのに自由に会えない、誰かと楽しく過ごしたいのにできない。どうしても一人時間が増えやすい世の中で健全な心を保つのはとても難しいことなんだなぁと私自身も感じつことがあります。

そのような時「身体を動かして心身ともに整えましょう」とか「孤立しないようにしましょう」ということを耳にすることはあると思いますが、それすらもできない、そんな気力すらないということもあるかもしれません。

そのような時に大切になるのが今そこにある人間関係です。「人が怖い」「誰かと関わることが面倒」と思う方もいると思います。ですが、自分の家族、友人、職場の人たち、それ以外にもなんとなく世間話だけでも関われる人はいると思います。「そんな人はいない」と思う方ももしかしたらいるかもしれませんが、例えば買い物に行ったときにレジで何気なく交わす会話も人間関係だからです。社会は誰ともかかわることなく生活することは出来ないからです。

人は閉鎖的な空間において誰とも話すことなく過ごすことは出来ないのです。そのような環境では人は耐えられないからです。

ただ、やはり人間関係が薄く、話し相手がいないと感じることもあるでしょう。そのような時には何も相談事をしてくださいということではなく、今自分が誰かと他愛もない会話をしている。それを感じ取ってほしいのです。

人と関わり何気ない会話をする。それだけでも「自分は孤独ではない」と感じることが出来ると思います。そして、もしほんの少しでも誰かを関り話をする機会があったなら、その時は「自分はその人のために」「相手は自分のために」時間を使う価値のある関係なのだということを感じて下さい。

人のあたたかさに触れること。それは人が心を健全に保つためには絶対不可欠なものなのです。

お申し込み、お問い合わせは24時間受付けています。

ご予約・お問い合わせフォーム