季節型うつにご注意を

季節の変わり目はどうしても気分の波が出やすいものです。特に秋から冬にかけてのこの時期になぜか落ち込むといった人が多く見受けられます。それは自律神経が乱れているということもあり得ますが、この自律神経の乱れをそのままにしてしまうと心身ともに不調な状態が長引いてしまい、結果として気分が上がらないまま長期間過ごしてしまうといったことになりかねません。

生活リズムを整える。日の光を浴び、時には軽い運動をしてみる。コロナで生活スタイルが変わってしまっている今は少し抵抗があるかもしれませんが人とのかかわりを持つといったことを進んでやってみてください。

季節の変わり目はどうしても気持ちが上がらないのよね・・

何となくそう思うことであっても、それが何か月も続くとなれば問題です。上にあげたような対処をしてもどうしても気分がすぐれず体調も思わしくない場合にはしかるべき専門病院もしくはそのような相談に乗ってくれるカウンセラーのもとに相談に行ってみることをお勧めします。

短期間だからと言って放置して自然に改善するなら良いですが、それが長引けばその間はずっと心に負荷がかかっている状態にあるといえます。人の心はそんなに強くはありません。我慢できるから・もう少し辛抱すれば何とかなるからと無理を続けることは時には心の回復が遅くなるばかりではなく、日常生活の大きな影響を与えることもあるのです。

何をやっても気持ちが上がらない・体調がよくならない。これはおかしいなと少しでも思ったら生活レベルで対処してみる。それでもどうしても改善できなかったら悪化する前に人に相談すること。信頼できる人との関りを持ち、安心できる時間や状況を作ってください。それでもどうしても難しいようならば専門家にご相談を。

お申し込み、お問い合わせは24時間受付けています。

ご予約・お問い合わせフォーム

前の記事

傷ついた心の癒し方