人との距離の取り方が自分のメンタルを守る

友達は欲しい、人と楽しく過ごしたい。でもなんとなく距離感がつかめないということはありませんか?

職場でもそうですし親子夫婦間でもそうですが、その人によって好ましい間合いがあります。いわゆるパーソナルスペースとプライベートスペースというものです。このパーソナルスペースやプライベートスペースにも身体的な距離と心の距離の2種類があります。

人と関わる中で「なんとなくこの人とはフィーリングが合いそう」とか「なんでこの人は私のプライベートにがつがつ入ってく来ようとするのかしら?」などと感じるこの感覚の事を心的距離と言います。それは第一印象というのでは?という声もあるかと思います。確かに第一印象というものはそのあとの関係に大きな影響を及ぼすものではありますが、この心的距離というものは徐々に近しい関係になる中で感じていくもので、第一印象が良かったからと言ってその後の関係性が安全安心なものとは限りません。

相手を知る中で、自分を見せていく中で感じる「合う・合わない」といった感覚は直感的なものから価値観といったものまでありますが、そのすり合わせをしていく中でもし違和感を感じる場合にはもしかしたらその価値観や行動志向、物事のテンポといったものが違っていて不協和音のように違和感として感じているのかもしれません。それでも良い関係を作れれる場合ももちろんありますが、どうしても合わないと思ったときには自分や相手のプライベートなことには深入りせず「心のプライベートスペース」を保つことが大切です。そして心の距離(相手に深入りしすぎない)をとってもなお入り込もうとする相手がいるとしたら少しだけ身体的距離をとるようにしてみてください。

自分の心はこの「自分のスペース」を守ることから始まるのです。

お申し込み、お問い合わせは24時間受付けています。

ご予約・お問い合わせフォーム