嫌な気持ちから逃れる方法

季節が変わり、少なからず対人関係や生活環境が変化しやすい春の時期。「人に疲れた」と感じることはありませんか?なんとなくいつも周りを気にしてしまう、なぜか良くわからない対人関係に振り回されて嫌な気持ちになっている。慣れない環境で気を張ってばかりいて疲れた。そのような時にはどのようにすれば良いのでしょうか。

方法はいくつかあります。一つは煩わしいと感じる対人関係から距離を取るということです。それは縁を切るといったことではありません。一人の時間を持つということです。一人好きなことが自由にできる空間や時間は人の心をリセットしてくれるのです。ですが、そのような時間も空間もないという場合には次の手です。それは嫌な感情にモヤモヤしているときには「何らかの作業に没頭する」という方法です。これは嫌な感情から意識をそらすという方法になります。例えば嫌な出来事を思い出してしまいモヤモヤするといったときに敢えて部屋の掃除をしてみたり料理を作ってみることで目の前の作業に集中しすることで気持ちをそらすのです。

 

このように「ひとりの時間を持つ」「ひとりの空間で好きに過ごす」「何かの作業に没頭する」といった方法をとることで、それまで意識していた嫌なことから気持ちを開放する・気をそらすことで嫌な感情から避難し、もしくはリセットすることで「今目の前にある嫌な感情」から距離を取ってみてください。

漠然とした嫌な感情を処理するためにはその労力を割ける状況が自分にないとできません。そう、「心の余裕」が必要なのです。その「余裕」を作るために一時嫌なことを忘れるということは大切なのです。

お申し込み、お問い合わせは24時間受付けています。

ご予約・お問い合わせフォーム