宇都宮 栃木県 わかばカウンセリングルーム

訪問専門カウンセリングであなたの心の悩みに真剣に向き合う相談室

電話090-3477-8804

メールinfo@wakabacounseling.com

住所栃木県宇都宮市岩曽町1428-14

2018年7月9日 月曜日 

自分を持つこと

人はなぜ自分を持つと「出る杭は打たれる」とばかりに「生きにくさ」を感じてしまうのでしょうか?

 

「悩みのすべては対人関係に起因する」という言葉を聞いたことはありますか?どこかで、何らかの心理学に触れた際にこの言葉を知った人もいることでしょう。その中で個人(自分)でいることの大切さを説いているものもあると思います。それなのに「自分を持つ」ということがよくわからない。自分を持つ(個人を主張する)と途端に生きにくいと感じる。そんなことはありませんか?

 

日本はいまだに集団社会です。それはそれでルールや規範を守り、統制のとれた安心できる社会でもあります。しかし、それには弊害もあります。それが「自分(個人・個性)を持ち主張すること」で周りと違うことを「おかしい」とする偏った見方であったり、主張することで「和を乱す存在」というレッテルだったりするのです。

 

では、本当にそのようにすべての人が同じ考え、同じ行動をとることができるのでしょうか?どう考えてもそれは無理というものです。自分は自分でいいんだよという割には集団になると状況は変わってきます。「個人は尊重されるべき」などと考えがあるにも関わらず、ある一定の条件下では(たとえば会社や学校・地域や友人などの集団)では「個人を主張することはいけないこと」となったりします。

 

そのような集団社会と個人主義との間で板挟みになると「生きずらい」となるわけです。しかし、何でもかんでも集団に馴染み、協調性を持って和を乱さず…がよいといえるのでしょうか?そこに自分なりの考えを持つことは決して悪いことではなく、逆に自分の生き方を自分で決める大切なことなのではないでしょうか?

 

もし「自分の意見を持つことで対人関係で悩みが尽きなくなった」ということがあったとすれば、それが間違いというわけではなく今自分がいる状況や環境、心理的状態を冷静に分析し、今の自分はどのようにかかわればよいのかがわかれば和を乱すことなく、自分を押し殺すこともなく自分を持つこともできるのではないでしょうか。

 

 

お申し込み、お問い合わせは24時間受付けています。

メールでご予約(24時間)

携帯電話から送信される場合は。
@wakabacounseling.com
から受信できるよう設定してください。

お電話でご予約

  • 予約受付時間(月~金)
    10:00~17:00
  • カウンセリング時間(全日)
    11:00~21:00
  • ※上記以外の時間帯をご希望の方はご相談ください。

  • ご予約・お問合せ
    090-3477-8804
  • 面談中や運転中は電話に出ることができません。折り返しご連絡いたします。

  • 住所:栃木県宇都宮市岩曽町1428-14

宇都宮市をはじめ那須塩原市や小山市
など栃木県全域へ出張します
※18歳未満のかたのお申し込みは
保護者の同意が必要です。